Wining Post 9 2022 1976年開始での系統確立を狙った進め方(2.5週目)

game
スポンサーリンク

2週目の反省点を踏まえ、2週目の途中からやり直してみた。

プレイ前提:米国・欧州牧場最速開設/競走馬+5/繁殖牝馬+5DLC使用。引継ぎデータ使用。難易度ノーマル。クライムカイザー・ヒシスピードをエディット(早期クラブ牧場設置狙い)。

1週目https://karst459.com/923/

2週目https://karst459.com/1005/

系統確立を狙う系統

日本

  • シンザン系(61/84) 済
    • ミホシンザン系(82/02) 済
  • チャイナロック系(53/80) 済
    • ハイセイコー系(70/87) 済
  • マルゼンスキー系(74/97)
    • サクラチヨノオー系(85/01)
  • テスコボーイ系(63/86)〇
    • サクラユタカオー系(82/00)
  • フォーティーナイナー系(85/07)
    • エンドスウィープ系(91/02)
  • ロベルト系(69/89・米)←89引退、同年にロベルト、カロが引退するため、89までにどちらか系統確立しておく必要がある 済
    • ブライアンズタイム系(85/12)
      • マヤノトップガン系(92/14)
    • シルヴァーホーク系(79/02・米)
      • グラスワンダー系(95/21)
    • クリスエス系(77/02・米)
      • シンボリクリスエス系(99/21)
        • エピファネイア系(10/37)
  • サンデーサイレンス系(86/02)〇
    • ディープインパクト系(02/19)〇
      • キズナ系(10/29)
  • パーソロン系
    • シンボリルドルフ系(81/00)
      • トウカイテイオー系(88/13)
    • メジロアサマ系 済
      • メジロティターン系 済
        • メジロマックイーン系

米国

  • カロ系(68/89・欧)←89引退、同年にロベルト、カロが引退するため、89までにどちらか系統確立しておく必要がある 済
    • コジーン系(80/07)
      • スターオブコジーン系
  • ブラッシンググルーム系(74/90)〇
    • ナシュワン系(86/02)
      • バゴ系
    • ラーイ系
  • シアトルスルー系(74/99)
    • エーピーインディ系(89/10)〇
  • バックパサー系(65/78) 済
    • シルバーバック系(78/93)
  • ヘイロー系(71/93) 済
    • デヴィルズバッグ系(81/00) 済
  • ミスタープロスペクター系(70/97)〇
    • キングマンボ系(90/10)〇
      • キングカメハメハ系(01/19・日)〇
        • ロードカナロア(08/35・日)
  • ストームバード系(78/97)〇
    • ストームキャット系(83/08)
      • ジャイアンツコーズウェイ系(97/18)
  • ヌレイエフ系(77/00)〇
    • ポーラーファルコン系
      • ピヴォタル系

欧州

  • エタン(61/80・日) 済
    • シャーペンアップ系(71/87) 済
      • クリス系(76/99) 済
  • ミルリーフ系(68/86)〇 済
    • シャーリーハイツ系(75/94) 済
      • ダルシャーン系(81)
        • コタシャーン系
  • リヴァーマン系(69/95)
    • アイリッシュリヴァー系(76/95)
  • サドラーズウェルズ系(81/08)〇
    • ガリレオ系(98/21)〇
      • フランケル系(08/35)
      • ニューアプローチ系(05/19)
    • モンジュー系(96/12)
  • ダンジグ系(77/02)〇
    • デインヒル系(86/03)〇
      • デインヒルダンサー系(93/13)

2週目の反省点を踏まえたチャート

  • 1986
    • 日本:クリスエス5頭、アイリッシュリヴァー5頭、メジロティターンを種付、サクラチヨノオーを購入。
    • クラブ:ミホシンザン5頭、ハイセイコー系5頭、メジロティターンを種付。
    • 欧州:アイリッシュリヴァー、ダルシャーンを種付。
    • 米国:クリスエス、デヴィルズバッグを種付、フォーティナイナー、ブライアンズタイムを購入。
  • 1987
    • 日本:コジーン5頭、アイリッシュリヴァー5頭、クリスエス5頭、メジロティターンを種付。
    • クラブ:ミホシンザン5頭、ハイセイコー系5頭、メジロティターンを種付。
    • 欧州:アイリッシュリヴァー、ダルシャーンを種付。
    • 米国:クリスエス、コジーン、デヴィルズバッグを種付、ナシュワンを購入。
    • 1988年にシンザンが引退するため、血統支配率高めるためにシンザン産駒での重賞入賞および年末処理で引退させ種牡馬を増やす。
  • 1988
    • 日本:コジーン3頭、アイリッシュリヴァー3頭、ダルシャーン3頭、メジロティターンを種付、メジロマックイーンを購入。年末処理で種牡馬のトニービンを購入。
    • クラブ:ミホシンザン3頭、ハイセイコー系3頭、メジロティターンを種付。
    • 欧州:アイリッシュリヴァー、ダルシャーンを種付。
    • 米国:クリスエス、コジーンを種付。
    • サクラチヨノオーをクラシック戦線で活躍させたいので自家生産馬の出走が被らないようにする、サクラチヨノオー自身が欧州の芝が合うので海外レース出走させる等する。
  • 1989
    • 日本:コジーン3頭、アイリッシュリヴァー3頭、ダルシャーン3頭、メジロティターンを種付。
    • クラブ:ミホシンザン3頭、ハイセイコー系3頭、メジロティターンを種付。
    • 欧州:アイリッシュリヴァー、ダルシャーンを種付。
    • 米国:クリスエス、コジーン、デヴィルズバッグを種付。
    • サクラチヨノオーをクラシック戦線で活躍させたいので自家生産馬の出走が被らないようにする、サクラチヨノオー自身が欧州の芝が合うので海外レース出走させる等する。
    • カロを年末処理でPrivate種牡馬に。(ロベルトが同年引退なのでそれまでに系統確立させる)ブライアンズタイムを引退と同時に日本に移動。
    • リヴリアを年末処理で日本に移動
  • 1990
    • 日本:コジーン3頭、デヴィルズバッグ3頭、ダルシャーン3頭、メジロティターンを種付、トウカイテイオーを購入。
    • クラブ:ミホシンザン3頭、ハイセイコー系3頭、サクラチヨノオー9頭、メジロティターンを種付。
    • 欧州:アイリッシュリヴァー、ダルシャーンを種付、コタシャーンを購入。
    • 米国:デビルズバッグ、コジーンを種付。
    • ブラッシンググルームを年末処理でPrivate種牡馬に。
  • 1991
    • 日本:コジーン3頭、デヴィルズバッグ3頭、ダルシャーン3頭、メジロティターンを種付。
    • クラブ:ミホシンザン3頭、ハイセイコー系3頭、メジロティターンを種付。
    • 欧州:ナシュワン、ダルシャーンを種付。
    • 米国:デビルズバッグ、コジーンを種付、キングマンボを購入。
    • ダンシングブレーヴを年末処理で種牡馬購入する。
  • 1992
    • 日本:コジーン3頭、デヴィルズバッグ3頭、ダルシャーン3頭、メジロマックイーンを種付。
    • クラブ:ミホシンザン3頭、ハイセイコー系3頭、サクラチヨノオー9頭、メジロマックイーンを種付。
    • 欧州:ナシュワン、ダルシャーンを種付。
    • 米国:デビルズバッグ、コジーンを種付。
    • メジロマックイーン、その他メジロティターン産駒を年末処理で種牡馬に。(1993年末でメジロアサマ引退のため。これまでに系統確立させる必要がある。)
    • ドクターカーター(カロ系)を年末処理でprivate種牡馬に。(カロ系統確立支援)
  • 1993
    • 日本:デヴィルズバッグ5頭、ダルシャーン5頭、メジロマックイーンを種付、マヤノトップガンを購入。
    • クラブ:ミホシンザン3頭、ハイセイコー系3頭、サクラチヨノオー9頭、メジロマックイーンを種付。
    • 欧州:ナシュワン、ダルシャーンを種付。
    • 米国:デビルズバッグ、コジーン、エーピーインディーを種付。
    • ヘイローを年末処理でPrivate種牡馬に。
  • 1994
    • 日本:デヴィルズバッグ5頭、ダルシャーン5頭、サクラチヨノオーを種付。
    • クラブ:ミホシンザン3頭、ハイセイコー系3頭、サクラチヨノオー9頭、メジロマックイーンを種付。
    • 欧州:ナシュワン、ダルシャーンを種付、ピヴォタルを購入。
    • 米国:デビルズバッグ、ストームキャット、エーピーインディーを種付。
    • シャーリーハイツを年末処理でPrivate種牡馬に。
  • 1995
    • 日本:デヴィルズバッグ5頭、コタシャーン5頭、サクラチヨノオーを種付、タイキシャトル、ステイゴールドを購入。
    • クラブ:ミホシンザン3頭、ハイセイコー系3頭、サクラチヨノオー9頭、メジロマックイーンを種付。
    • 欧州:ナシュワン、コタシャーン、ポーラーファルコンを種付。
    • 米国:デビルズバッグ、ストームキャット、エーピーインディーを種付。
    • デヴィルズバッグ産駒を年末処理で種牡馬に。(1995年末でデヴィルズバッグ引退のため。これまでに系統確立させる必要がある。)
  • 1996
    • 日本:デヴィルズバッグ5頭、コタシャーン5頭、サクラチヨノオーを種付。
    • クラブ:ミホシンザン3頭、ハイセイコー系3頭、サクラチヨノオー9頭、メジロマックイーンを種付。
    • 欧州:ナシュワン、コタシャーン、ポーラーファルコンを種付。
    • 米国:デビルズバッグ、ストームキャット、エーピーインディーを種付。
  • 1997
    • 日本:デヴィルズバッグ5頭、コタシャーン5頭、サクラチヨノオーを種付、タイキシャトル、ステイゴールドを購入。
    • クラブ:ミホシンザン3頭、ハイセイコー系3頭、サクラチヨノオー9頭、メジロマックイーンを種付。
    • 欧州:ナシュワン、コタシャーン、ポーラーファルコンを種付。
    • 米国:デビルズバッグ、ストームキャット、エーピーインディーを種付。
    • マルゼンスキーを年末処理でPrivate種牡馬に。
    • ノーザンテースト産駒を年末処理で種牡馬に。(1998年末でノーザンテースト引退のため。これまでに系統確立させる必要がある。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました