WindowsのWSL2を使用しUbuntuのGUI環境を構築する

IT
スポンサーリンク

2020年5月にリリースされたWindows10 20H1にてWSL2(Windows Subsystem for Linux 2)が利用できるようになりましたので、WSL2(仮想環境)上でUbuntuを構築し、ubuntuのGUIをwindowsから操作してみました。

実施した環境

  • windows10Home(20H2) (20H1にてリリースされた機能ですが、より新しい20H2で実施してます。)

今回構築する環境のイメージと手順

WindowsのWSL2を有効にする(手順1)

Linux 用 Windows サブシステムを有効にする

powershellを管理者で起動し、以下コマンドを入力し、Linux用サブシステムを有効にします。

dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart

補足:上記コマンドについて

上記コマンドでは、windows10のGUIにて[プログラムと機能]から[Windowsの機能の有効化または無効化]から[Linux用Windowsサブシステム]にチェックしていることと同じことをしています。

仮想マシンの機能を有効にする

powershellを管理者で起動し、以下コマンドを入力し、仮想マシン機能を有効にします。

dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

補足:上記コマンドについて

上記コマンドでは、windows10のGUIにて[プログラムと機能]から[Windowsの機能の有効化または無効化]から[仮想マシンプラットフォーム]にチェックしていることと同じことをしています。

Linux カーネル更新プログラム パッケージをダウンロードする

以下からLinuxカーネル更新プログラムパッケージをダウンロードし、管理者で実行し、インストールを実施します。

https://wslstorestorage.blob.core.windows.net/wslblob/wsl_update_x64.msi

WSL 2 を既定のバージョンとして設定する

powershellを管理者で起動し、以下コマンドを入力し、WSL2を既定のバージョンに設定します。

wsl --set-default-version 2

WSL2上にUbuntuをインストールする(手順2)

Microsoft Storeを起動し、Ubuntuをインストールします。この操作でWSL2上にUbuntuがインストールされます。UbuntuのGUI環境はこの後の手順の中でインストールします。

Windows上にxWindowサーバソフトウェアを導入する(手順3)

xWindowはLinuxの画面転送サービスみたいなものです。Ubuntuの画面をWindows10に転送するためにwinsows10上にxWindowサーバサービスをインストールします。

Windows10用のxWindowサーバはいろいろあるようですが、利用者が多そうなxLaunchを導入しました。

xLaunchのインストール

Windows10にて以下をDLし、管理者権限で実行しインストールを行います。

VcXsrv Windows X Server
Download VcXsrv Windows X Server for free. Windows X-server based on the xorg git sources (like xming or cygwin's xwin), but compiled with Visual C++ 2012 Expr...

ubuntuにデスクトップ環境のサービス類をインストールする

Ubuntuにデスクトップ環境のサービス類をインストールします。

sudo apt update -y
sudo apt upgrade -y
sudo apt install -y libgl1-mesa-dev xorg-dev xbitmaps x11-apps
sudo apt -y install ubuntu-desktop

UbuntuのXServerClientを設定する

echo 'export DISPLAY=$(cat /etc/resolv.conf | grep nameserver | awk '\''{print $2}'\''):0.0' >> ~/.profile

一旦Ubuntuを終了させます

$ wsl.exe -t Ubuntu

WindowsPCのアプリからUbuntuを再度起動します。

その後、Ubuntuで以下コマンドを実行するとWindowsのXlaunch経由でUbuntuのGUIが表示できます。

$ sudo service x11-common start && sudo service dbus start && gnome-shell --x11 -r

参考サイト

Windows Subsystem for Linux (WSL) を Windows 10 にインストールする
Windows 10 への WSL のインストール ガイド。Bash ターミナルを使用し、Ubuntu、Debian、SUSE、Kali、Fedora、Pengwin、Alpine などを含みます。
WSL2+Ubuntu 20.04でGUIアプリを動かす | AsTechLog
Windows 10のWSL2にインストールしたUbuntu 20.04で、GUIアプリが動くように環境を構築してみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました