Raspberry Piを簡易NASとして使用する

IT
スポンサーリンク

使用モデル:Raspberry Pi Model B Rev 2

操作端末:windows10 20H2

ファイルサーバ機能:samba

Raspberry Piをセットアップする

Raspberry Pi Imagerを使用しセットアップする

これまでSDカード書き込み用ソフトウェアなどを使用して書き込みを行う必要がありましたが、公式からraspberry Pi Imager(SDカードへのRaspbian書き込みツール)が公開されていますので、こちらを使用しSDカードへの書き込みを行います

Raspberry Pi OS – Raspberry Pi
The Raspberry Pi is a tiny and affordable computer that you can use to learn programming through fun, practical projects. Join the global Raspberry Pi community...

windows10 ssh clientを使用しRaspberry Piに接続する(公開鍵認証)

Raspberry Pi側設定

秘密鍵と公開鍵を以下コマンドで作成し、windows10からscpで受信可能な場所に秘密鍵を移動する

ssh-keygen -t rsa -b 4096
cd .ssh/
cat id_rsa.pub >> authorized_keys
chmod 600 authorized_keys
mv /id_rsa /home/pi/

windows 10側設定

Raspberry Piで作成した秘密鍵をscpコマンドを使用しコピーする

scp pi@192.168.11.6:id_rsa c:\users

Raspberry Pi側設定後処理

秘密鍵の削除、一時的な公開鍵の削除、SSHの追加設定を行います

sudo vi /etc/ssh/sshd_config

viコマンドでコンフィグの内容を以下の通りに修正

PermitRootLogin no
PasswordAuthentication no
PermitEmptyPasswords no

windows10側 ssh clientを使用し接続

ssh pi@192.168.11.6 -i c:\users\id_rsa

Raspberry Piにsambaを構築する

必要なパッケージをインストールする

sudo apt-get install samba samba-common-bin

sambaの環境設定を行う

sudo mkdir /var/samba
sudo useradd smbuser
sudo passwd smbuser
sudo chown smbuser:smbuser /var/samba/
sudo pdbedit -a smbuser
sudo cp -p /etc/samba/smb.conf /etc/samba/smb.conf.org
sudo vi /etc/samba/smb.conf

sam.confに以下を追記

[share]
   comment = Share Folder
   browseable = yes
   path = /var/samba
   writable = yes
   valid users = smbuser
   force user = smbuser

以下コマンドでsambaサービスを起動

sudo systemctl restart smbd

ここまで設定が完了するとwindows 10のエクスプローラにて以下を指定し接続が可能となる

\\<Raspberry PiのIPaddress>\share

コメント

タイトルとURLをコピーしました