WSL2とBlueStacksを共存させる

IT
スポンサーリンク

WSL2を有効化すると、導入済みのBlueStacksが起動しなくなりましたのでこの回避方法を調べてみました。

原因調査

WSL2を有効にする際に仮想マシンプラットフォームを有効化している。BlueStacks等の仮想マシンを作成してエミュレートしている機能は、仮想化機能をしているためこれがバッティングしていると思われる。

仮想マシンプラットフォーム

そもそも仮想マシンプラットフォームは何かを調べると、サードパーティの仮想化スタックおよびアプリケーション用の拡張ユーザーモードAPIを追加して、ハイパーバイザーレベルでパーティションを作成および管理し、パーティションのメモリマッピングを構成し、仮想プロセッサの実行を作成および制御する機能ということが分かった。

Hyper-V APIs
Hyper-V APIs

このため、仮想マシンプラットフォームが有効になっていれば、仮想マシンを作成するサードパーティ製アプリはこの機能に対応していれば、共存できると思われる。

BlueStacks

BlueStacksにはHyper-V版が存在するようで、これが仮想マシンプラットフォームに対応しているバージョンだと推測される。

BlueStacks Hyper-V版を利用する方法
  ※「BlueStacks for Hyper-V」はベータ版です。使用後、ご意見・ご感想がございましたら是非お寄せくださいませ。プロダクトの改善に活用させていただきます。 はじめに Hyper-Vが有効になっているWindows 10でBlueStacks 4を利用したい場合は、この記事をご覧ください。必要最低...

このため、WSL2を有効にする前にインストールしたBlueStacksをアンインストールし、BlueStacks Hyper-V版をインストールすることで共存可能。

BlueStacks Hyper-V版は公式より特に意識せずにインストールできるとのことなので、アンインストール完了後、以下からインストールを行う。

BlueStacks – 高いパフォーマンスを誇るPCとMac向けのアプリプレイヤー | 高い安全性を兼ね備え、無料でご利用いただけます!
高速でスムーズなゲーム体験を実現するBlueStacks。最も安全かつ無料で利用できる、WindowsとMacのアプリプレイヤーとして人気を誇ります。世界で5億人以上のゲームプレイヤーに支持されています。

まとめ

BlueStacksの再インストールすることで、WSL2を有効にしたまま、BlueStacksを使用することができた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました